ラブライブ!フェスに向けての話をここに書いておこうぜ

フェスまで1ヶ月を切ったということで、タイトル通りの事を書いてくさそり座です。こんにちは。

 

ラブライブ!フェス

発表を聞いたのは帰宅途中の車内

またμ’sと会えるんだ!という嬉しさと

μ’sに何も返せなかった後悔を再び痛感して、あの時の俺と今の俺は違うだぜ!!ってのをμ’sに見せたい!今度は笑顔で「ありがとう!」を伝えたい

そんな気持ち

 

ですが!!!!!

 

問題は山積みなのでそれらを整理しよう。ぶちまけてスッキリしてやろうってのがこの記事でございます。

 

 

「麺類」

さそり座は知ってる人は知っている。凛ちゃん、花丸ちゃん、高槻さんを推しです。

私は花丸ちゃんを推すにあたり自分にルールを設けました。

それが以下の通りです。

  1. 「国木田 花丸」に会う日は一日麺類を食べてはいけない
  2. 沼津に滞在中麺類を食べてはいけない

花丸ちゃんに会う時、花丸ちゃんの苦手なものは食べたくないので...

 

そして私は凛ちゃん推しです。もちろん凛ちゃん抜きにしてもラーメンは好きです。

凛ちゃんに会う時はラーメン食べたいなぁって思ってます。

 

あれ?

 

ラブライブ!フェス

凛ちゃんも花丸ちゃんもいて

ラーメン食べる日と食べられない日が同じ日なのです。

まさか、上記のルールを設けた時に凛ちゃんと花丸ちゃんが同じ空間に存在する時が来るとは当時のさそり座は思ってもいなかったんでしょう。


f:id:miraibook1101:20191218231038j:image

 

だから花丸ちゃんのこのセリフめっちゃ嬉しかったのと

相手の''好き''に寄り添える。それが花丸ちゃんの好きなところだなぁと再確認しました。(麺類苦手なのも啜るのが苦手だからってのまこれまた可愛い)

花丸ちゃんも言ってるのでフェス当日はどうにか工夫して凛ちゃんと花丸ちゃんと麺類を食べに行きたいと思っております。

 

 

 

「人生がバグった」

こんなことあるんだなぁというのと100%の私情があるのでそんなん知らんって方はリターンをどうぞ

 

フェスのチケットは劇場版のBDからμ’sのBOXにHP先行も当たらなくて、運良く1日目は譲って頂いて(ありがとうございます🙏)なんとかなってたんですけど2日目がどうしようもなくて

「あーμ’sにまた会える資格ないんだ...」とかめっちゃいろいろ悩んで超絶ネガティブになってたんですよね..

「諦めない!」って言いつつも少しキツくね?って思ってたり

さすがにHP先行まで落ちるとしんどかった。

めっちゃ落ち込んでる時にLINE来たんですよ、これがバグです。久々にあだ名で呼ばれて鳥肌

終わったはずの過去にガシッと肩を掴まれたような 

そんな感覚ですよ。 

ラブライブ!フェス 2日目行くんだけど良ければ一緒にこない」(省略)

高校卒業以来連絡とってない、ラブライブ!を私に教えてくれた人から連絡が来たわけです。

まぁびっくりですよ。

4年近く連絡取ってないのに急にこんなの来たら誰だってびっくりですよ。

快諾したいけど、一緒に行く予定のおとももちいるし...

相談したら「さそりが自分を誘ったように、その人も誘ってきてるんだから行ってきな」ってあぁ本当に良い友達を持ったなと自慢したいのと、申し訳なさ、必ず連れてかなきゃって想いが 

 

結果誘ってくれたその人と一緒にラブライブ!フェスに行くことになりました。

なりました。

でも、そのなんというか一緒に行くその人の事、さそり座の過去のブログを読んで頂くと分かるんですがそういう事があって大変むず痒いのです。

 

連絡取ってないのに「ラブライブ!が好きだろう」と思われてたのも嬉しかったし、向こうも好きでいてくれて嬉しかった。

ただちょっとそのむず痒いことがあってやっぱり...とか思ったけど「周りに(ラブライブ!)好きな人がいない」って言ってて

その辛さを味わって欲しくないし、それは「みんなで叶える物語」じゃ無くなっちゃうんじゃないかって思ったらむず痒いのはどうにか吹っ飛ばしてなんかやってるやるぞ!みたいな?

 

必ずやりたいなって思ってるのはその人に「ありがとう」って言う事

やっぱりどうしても高校生の時って恥ずかしくて素直に言えなかったし 

進路が別れるって分かってたのに卒業式終わったら誰とも写真も会話もせず秒で帰宅したり

たった一言の感謝を言えないだけで

それが心のどこかで引っかかってて、でもなかなかチャンスがなくて 

その人がいてラブライブ!を知って好きになれて、こうして今があって

ラブライブ!フェスがあって

ちょうど持ってないチケをくれて

忘れないでいてくれて

こんな偶然が重なったチャンス掴まないわけないでしょ!

だからむず痒くても最後にはちゃんと「ありがとう」って言って過去を振り切りたい。

すっごい緊張するしこれからも悩むだろうけど頑張る!!

 

 

なんなかんや書いてて自分で解決して行ったような気がします(笑)

やっぱり文字に起こして気持ちを整理するの自ずとやりたい事が見えてくるのでこういうのめっちゃ良いのでまたやりたい。

このオタクは解決した!とか言っててどうせまたすぐ悩むぞ

 

以上です。

読んで下さりありがとうございました。