18歳の自分へ

18歳のさそり座へ

誕生日の1ヶ月後μ’s Finalの発表があってお前は大泣きします。

その翌日は教習所の高速教習です。

 

卒業式は誰とも話さず終わったら直ぐに帰ります。

バイトを1月で辞めて2月から内職をしてます。ちょっとは休め

 

入社式の日、Yシャツが肌に合わなくてチクチクするから為にし着てから行けよ。

でもな内心「くだらないから早くμ’sに会わせろ」って思ってるよ。

式が終わって急いでドームに向かっても入場できるのはSnow halationの落ちサビの時

走ってる途中で財布を落とすからちゃんとリュック閉めろよ。

 

ここまではまだいい、これから超しんどいぞ

1ヶ月研修して配属されるのは一番嫌だと思っていた経理だ。残念

そこの上司はたいそう酷い奴だぞ。

辛いよな。どうしたら良いか分からないよな。

Final終わってからどこに行けばいいか分からないし

Finalを迎えたことを辛いと思っていることがμ’sにたいして申し訳ないと思ってるよな

仕事も上手く出来ない、毎日個室に呼び出されて怒られるし、帰り道に死ぬことを考えます。でも死ねません。死ぬのは怖いから

ご飯の味もしません。毎日寝るのが辛くてこのまま寝て死ねないかと思う日もあります(特に日曜日)

肩はこるし、生きてるのが本当に辛い日が来ます。

ある日正直に「大好きなアイドルのFinal LIVEが終わってから辛いです。」って話してもその上司は「そういうことは忘れて前に進むんだよ」と言ってくるよ。嘘つけやボケ

泣かない日は無いくらい泣きます。泣いてていい一生分泣け

あともう少しで沢山笑うから

μ’sに最後に笑って「ありがとう」って言えなかったのを後悔してるよね。

もっと伝えたいこともあったし、後悔を沢山します。凛ちゃんに花を送りたかったとかラブライブ!を教えてくれた人に「ありがとう」って言うとか

幸いにも10月で異動になるから耐えろ!

 

何やかんや悩んでてもお前はAqoursの1stに行く。そして泣く。そして花丸ちゃんと高槻さん推しになる。

LIVEの翌日、仕事を辞める決心をする。

 

そして色んなことを見て感じて今日この日に至りこのブログを書いてる。18歳の自分はもちろんこれを読むことは絶対に出来ない。読んだら歴史が変わっちゃう

 

明日またμ’sに会うからな。

辛かったこと後悔したこと、苦しかったこと今日の俺が全部晴らしてやるし、楽しんでくる。笑ってくる。嬉し泣きしてくるしフラスタも出してる。ありがとうも沢山言ってくる

だから大好きなものを信じて未来の自分に託して、とりあえず生きろ

あとはどうにかしとくからさ

 

 

 

 

 

 

 

小さな気づきとか、ちょっと踏み出してみようとか目を逸らしてた事に目を向けてみるのって大事って話


f:id:miraibook1101:20191222222750j:image


f:id:miraibook1101:20191222222956j:image

 

 

最近のはてなブログ、画像載せないと本文バレするのどうしたらいいんですかね...?

ってことで見て嬉しい文字列と肯定してくれる我が家の猫を貼ってバレを防いでいます。

 

 

今日はまぁちょっとした事を書こうかなと

 

皆さんは推しから貰ったものってなんですか?

数えきれないほどあると思うんですよね。

私は

・友達

・楽しい、嬉しい思い出

・(可愛すぎて)しんどい😂写真

等々めっちゃ苦茶なほどあります。

その中でも「ちょっとした変化」って良いなぁって話

これは花丸ちゃんにも通ずるものがあると思っているのですがまぁこの話は後々に...

 

私が貰った「ちょっとした変化」って普通に仕事してたりどこか出かけた時に感じます。

 

仕事柄結構いろんな地名を見ることがあるんですけど大阪の「高槻(さん)市」を仕事中に見るとちょっと嬉しくなれるんですよね。

あとは先輩とお話しててこの地名が出て来た時とか

まぁこんなことで嬉しくなれるハッピーな脳みそなので、これくらいで楽しくなっちゃうし嬉しくなっちゃうんですよね〜

 

あとはこの前「スニ女子会」というイベントに高槻さんが出演するという事で半休で、個人的にかなり苦手意識のある原宿に行くことになりまして

イベントの集合時間が19時だったんでそれまで苦手な原宿でどうしようか...カフェでも入って時間を潰すか...そんな事考えながら到着して、とりあえず会場の場所を確認して(迷子になったら大変だ)

まぁ案の定だいぶ時間余って、かと言って反対方向の秋葉原や上野方面に行く訳にも行かずとりあえず原宿をぶらぶらしててふと目に入ったのが「シューズ」だったんですよ。

前まで服や靴なんて「着れる」「履ける」それでOK🙆🙆🙆

みたいなスタンスで生きてたんですけど

高槻さんが #着回しきんちゃん したり

買ったシューズをInstagramとかに載せてくれてから少しずつ気になっていて

「そしたら時間までウィンドウショッピングってやつをしてみよう」

ってなったわけです。

そうしたら目に見えてくる物が変わって超びっくり!!

 

靴屋めっちゃあるし服屋もめっちゃあるじゃん!「え?今までどこにあったの?」って

たぶん自分が目を逸らしてただけで割と近くにあったんだろうなってくらい見てなくて、うわぁなんか勿体ねぇ...

 

文字通りの「ウィンドウショッピング」をして「この靴は花丸ちゃんに似合いそう」とかいろんか妄想を膨らませたり、自分が気になったものがあったらじっくり見て見たり

 

そしてふと思ったんですよね。

「この時間て高槻さんがくれた時間だな」と

高槻さんがきっとatmosとコラボしてアパレルを出したり、着回しきんちゃんしてくれなかったからこうして見てなかった世界を見ることも、靴を選ぶ楽しさも知らなかったなぁって

 

結局最後はNBで靴見てたら店員さんに声をかけられて、懇切丁寧に接客をされて「これ曜ちゃんカラーで良き!」って思ってたの買っちゃったんですよね(値札を見てなかったのでガクブルだった)

あと東京の靴屋の「棚に飾ってある靴を買う」ってプチ夢も達成出来て大変嬉しかったです。

 

こうして推しがくれた「ちょっとした?変化」を感じながらイベントに行って

TK

新作TK2(高槻さんのアパレルの総称)の発表があって、なんと念願のFILAとatmosとのトリプルコラボのシューズ

また高槻さんのデザインしたものを身につけられるということでめっちゃ嬉しかったですね〜

直前にシューズ買ったんでめっちゃ笑うしかなかったけども、デザインも大変良いので履くのが楽しみ!

 

 

通ずると言ってた花丸ちゃんのやつは

また今度気が向いたら話しまーす。

 

以上です。

ここまでお付き合い頂きありがとうございます!

 

 

 

 

ラブライブ!フェスに向けての話をここに書いておこうぜ

フェスまで1ヶ月を切ったということで、タイトル通りの事を書いてくさそり座です。こんにちは。

 

ラブライブ!フェス

発表を聞いたのは帰宅途中の車内

またμ’sと会えるんだ!という嬉しさと

μ’sに何も返せなかった後悔を再び痛感して、あの時の俺と今の俺は違うだぜ!!ってのをμ’sに見せたい!今度は笑顔で「ありがとう!」を伝えたい

そんな気持ち

 

ですが!!!!!

 

問題は山積みなのでそれらを整理しよう。ぶちまけてスッキリしてやろうってのがこの記事でございます。

 

 

「麺類」

さそり座は知ってる人は知っている。凛ちゃん、花丸ちゃん、高槻さんを推しです。

私は花丸ちゃんを推すにあたり自分にルールを設けました。

それが以下の通りです。

  1. 「国木田 花丸」に会う日は一日麺類を食べてはいけない
  2. 沼津に滞在中麺類を食べてはいけない

花丸ちゃんに会う時、花丸ちゃんの苦手なものは食べたくないので...

 

そして私は凛ちゃん推しです。もちろん凛ちゃん抜きにしてもラーメンは好きです。

凛ちゃんに会う時はラーメン食べたいなぁって思ってます。

 

あれ?

 

ラブライブ!フェス

凛ちゃんも花丸ちゃんもいて

ラーメン食べる日と食べられない日が同じ日なのです。

まさか、上記のルールを設けた時に凛ちゃんと花丸ちゃんが同じ空間に存在する時が来るとは当時のさそり座は思ってもいなかったんでしょう。


f:id:miraibook1101:20191218231038j:image

 

だから花丸ちゃんのこのセリフめっちゃ嬉しかったのと

相手の''好き''に寄り添える。それが花丸ちゃんの好きなところだなぁと再確認しました。(麺類苦手なのも啜るのが苦手だからってのまこれまた可愛い)

花丸ちゃんも言ってるのでフェス当日はどうにか工夫して凛ちゃんと花丸ちゃんと麺類を食べに行きたいと思っております。

 

 

 

「人生がバグった」

こんなことあるんだなぁというのと100%の私情があるのでそんなん知らんって方はリターンをどうぞ

 

フェスのチケットは劇場版のBDからμ’sのBOXにHP先行も当たらなくて、運良く1日目は譲って頂いて(ありがとうございます🙏)なんとかなってたんですけど2日目がどうしようもなくて

「あーμ’sにまた会える資格ないんだ...」とかめっちゃいろいろ悩んで超絶ネガティブになってたんですよね..

「諦めない!」って言いつつも少しキツくね?って思ってたり

さすがにHP先行まで落ちるとしんどかった。

めっちゃ落ち込んでる時にLINE来たんですよ、これがバグです。久々にあだ名で呼ばれて鳥肌

終わったはずの過去にガシッと肩を掴まれたような 

そんな感覚ですよ。 

ラブライブ!フェス 2日目行くんだけど良ければ一緒にこない」(省略)

高校卒業以来連絡とってない、ラブライブ!を私に教えてくれた人から連絡が来たわけです。

まぁびっくりですよ。

4年近く連絡取ってないのに急にこんなの来たら誰だってびっくりですよ。

快諾したいけど、一緒に行く予定のおとももちいるし...

相談したら「さそりが自分を誘ったように、その人も誘ってきてるんだから行ってきな」ってあぁ本当に良い友達を持ったなと自慢したいのと、申し訳なさ、必ず連れてかなきゃって想いが 

 

結果誘ってくれたその人と一緒にラブライブ!フェスに行くことになりました。

なりました。

でも、そのなんというか一緒に行くその人の事、さそり座の過去のブログを読んで頂くと分かるんですがそういう事があって大変むず痒いのです。

 

連絡取ってないのに「ラブライブ!が好きだろう」と思われてたのも嬉しかったし、向こうも好きでいてくれて嬉しかった。

ただちょっとそのむず痒いことがあってやっぱり...とか思ったけど「周りに(ラブライブ!)好きな人がいない」って言ってて

その辛さを味わって欲しくないし、それは「みんなで叶える物語」じゃ無くなっちゃうんじゃないかって思ったらむず痒いのはどうにか吹っ飛ばしてなんかやってるやるぞ!みたいな?

 

必ずやりたいなって思ってるのはその人に「ありがとう」って言う事

やっぱりどうしても高校生の時って恥ずかしくて素直に言えなかったし 

進路が別れるって分かってたのに卒業式終わったら誰とも写真も会話もせず秒で帰宅したり

たった一言の感謝を言えないだけで

それが心のどこかで引っかかってて、でもなかなかチャンスがなくて 

その人がいてラブライブ!を知って好きになれて、こうして今があって

ラブライブ!フェスがあって

ちょうど持ってないチケをくれて

忘れないでいてくれて

こんな偶然が重なったチャンス掴まないわけないでしょ!

だからむず痒くても最後にはちゃんと「ありがとう」って言って過去を振り切りたい。

すっごい緊張するしこれからも悩むだろうけど頑張る!!

 

 

なんなかんや書いてて自分で解決して行ったような気がします(笑)

やっぱり文字に起こして気持ちを整理するの自ずとやりたい事が見えてくるのでこういうのめっちゃ良いのでまたやりたい。

このオタクは解決した!とか言っててどうせまたすぐ悩むぞ

 

以上です。

読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

推しの本を読んだオタク

f:id:miraibook1101:20191104181006j:plain

 

どうも人生で初めて推しの本を読んだオタク、さそり座です。

10月31日私の推しである高槻かなこさんのスタイルブック「C.」が発売されました。

 

内容は伏せるためにページ数を表記するので手に持っている方は是非「C.」を片手にこのブログを読んで頂くと、さそり座の趣味が分かっちゃうぞという内容になっております。

今まで仲間内から各推しの写真集を頂いてきたのでやっとお返しできると嬉しく思っております。そしてくれた方ありがとうございます。

どのページも普段見せてくれないような表情が沢山あって「おぉ」ってなりました。

でも水着のページは心臓に悪いからあんまり見れてません。

あと女性声優が歯磨きしたりビール持ってるのめっちゃ好きです。

 

 

以下本文

 

 

長らく待った高槻さんのだけの本

発売の発表と内容を聞いた時とんでもなくびっくり

声優アニメディアで連載してる「かなこみゅっ」の未公開カット

そして7月に突如募集された「教えてきんちゃん」の100問返答

着回しきんちゃんにロングインタビューに新規撮り下ろしの写真

すごいーーーーーーーい!!!!カツ丼を頼んだら蕎麦とピザとカレーが付いてきたみたいな内容に「えぇこんなのむりぃ...」とか思いつつ発売を迎えていくわけです。

中でも嬉しかったのは今までの「かなこみゅっ」が載ることで、連載当初から声優アニメディアのハガキに「かなこみゅっの総集編出してください!」って書き続けてきたのでめっちゃ嬉しかった!!!💪

今思えば連載始まったばっかりじゃ「総集編」無理じゃんって思ったけどまぁ結果オーライってやつですよ👍👍👍👍👍👍👍

雑誌の連載ってなかなかその人を推してる人意外見ないものって思っているのでこれを気に、いろんな高槻さんを見ていただけたらいいなぁと思っていたのでこれはめっちゃ嬉しかったですね。

スタイルブックのタイトルの意味通り

「Cute」や「Cool」な高槻さんが見れるので大変好き。

いやぁだって表紙が好きだもん、吸い込まれちゃう。

たまに見せる高槻さんよ女豹のような目付きほーんと良い...

それが表紙ですよ。永遠に見てられる。

ロングインタビューもめっちゃ楽しみに

 

はい、そして10月31日発売当日ですよ。

仕事を休んで各店舗の特典を回収してお家に帰ってきて

ちょっと寝て、薄いビニールを剥がしてペラペラ〜っとめくるわけです。

驚いたことに全ページ「高槻かなこさん」なんですね...ビックリしました...

なんというかこう結構「実は自分は自分の生み出した虚構や都合の良い妄想の中で生きていて、こうして推しのスタイルブックが出たという妄想をしているのでは...」って疑っていたので手に取れた時「あぁほんとなんだ...」ってなる訳です。

1ページ目

うーん、無理

これが11ページまで続きます。

8ページ〜の高槻さんは唇がキレイ、好き。

 

目次という安息地帯にてこれからゆく先を見るわけで、こりゃやばい。

 

安息地帯を抜けるとそこは

2年待ち望んだ「かなこみゅっ」の掲載当初からの未公開カット

最初は1〜10まで

懐かしいなぁなんて読みながらだんだんとステキレディになって行く高槻さんが見れるの、最高👍👍👍👍👍👍👍

ちなみに1〜10のかなこみゅっの内ベスト・オブかなこみゅっは3と4です。

36ページから高槻さんが良くやってる「着回しきんちゃん」の私服解説が始まる。全部で50

春夏秋冬の高槻さんの着回しきんちゃんが一気に見れる上に、全部高槻さんが映ってるんですよねぇ(すごい)

あーこれこの時着てたやつだ!とか思い出と共にその服を選んだ理由やコーディネートのポイントがあって、異性とはいえ参考してオシャレオタクを目指したいところ

ちなみにスタイルブックの中で好きな着回しきんちゃんは9と27と48です。ロングコート大好きかよ

これが終わるとまた次は「かなこみゅっ」の11〜20まで

グリーンの服で大人っぽく魅せる高槻さん

ひまわり畑にいそうな高槻さん

映画とかで出てきそうな強気な女性っぽい高槻さん

テニスウェアはやべぇって

ゴスロリもな

それは反則な高槻さん

めっちゃ車運転してそうな高槻さん(アニマル柄と青とレザースカートって良い)

ところがどっこい今度はロングコートとベレー帽の高槻さんだ。好き

次はね一番好き

最後は自身のデザインとコラボしたTK2のフーディー、グラサンがシャレオツ

 

続いては7月に募集された「教えてきんちゃん」の回答

自分のあるかな〜ってドキドキしてたらありました(やったぜ)

質問のセンスあるなぁってのから本当に悩んでることとか、皆いろいろあんだなぁってのに一つ一つ答えてくれるのめっちゃ嬉しいですね〜

これめっちゃ深いなぁ、参考にしようってのからつい笑ってしまう回答まで100の高槻さんが見れると言っていいでしょう。

 

それが終わると次はロングインタビュー

高槻さんの「これまでのすべて」と「今」

これは是非ともその目で読んで頂きたいので、サラッと

幼少の頃や学生時代、上京してからAqoursに入ってから今まであまり明かされてこなかったことが書いてあるの是非

ただ自分が高槻さんの事を好きになれた、応援したいって思えたものが詰まってました。

あとこの気持ちは変わらないってことも

インタビューが終わると高槻さんに縁のある方達からのメッセージ

80ページの右下はインパクト大です。

いろんな方が高槻さんの事を「笑顔がステキ」や「芯がある」とか自分の知っている高槻さんとあまり変わらない姿をお話されていてほんとにきんちゃんだなぁって、そういう所が好きなんですよ。

そして高槻さん本人からのメッセージ

これも是非目で見て欲しいです。

ページをめくって行くと「かなこの休日」が始まるけど、左上をご覧頂きたい。

そうです。そう。それでOKです。

「休日」というだけあって初手から目のやり場に困るのです。歯磨きって大切ですよね。私も今日電動歯ブラシ買いましたし

なんで女性声優の写真集って歯磨きする人多いんですかね??

めっちゃ好きですよそれ

大好きなサッポロ一番塩ラーメン食べてゲームしたり

ほんとに休日感があって大変好き。

ビールを飲む高槻さんも好き

 

こうして読み終えると、どっちも表紙になりうるんですよねこのスタイルブック

嘘をつくのが苦手だったり、前述のようにファンの前と仕事で会う人に見せる顔の変化が少ないように「裏」がないように感じるので

このスタイルブックの作り込みはすげぇなって思いました。

あと読んでいて「こんな一面が!」というのが良い意味であまりなくて、かなこみゅっや着回しきんちゃんを見ていると「懐かしい」ってなるんですよね〜不思議な感覚でした。

人と違うことがしたい高槻さんが「スタイルブック」という形態を選んだのも納得でした。

もちろんホワイトドレスの高槻さんも休日の高槻さんもめっちゃ良かったです。

より一層高槻さんの事が好きになれたし、全部高槻さんだし最高の1冊でした!!!!!

発売おめでとうございます&ありがとうございます!

 

これを読んでくださった方が、より「C.」を読みたくなったり読んだ方は「分かる!」ってなってくれたら嬉しいです!

ここまでお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

道を尋ねてきた外国の観光客の人に道案内したらお礼を言われた話

今日お台場のゲーマーズ高槻かなこさん(推し)のスタイルブック「C.」を買いに行ったわけです。

買い終わって凛ちゃんのBirthdayドリンクも飲んで昼時だし飯でも食べるか〜って近くの建物入ったんですけど、食べたい食べ物なくてう〜ん帰ろうって駅に向かってたら

駅の出口付近で外国人の親子連れがいてなんか聞きたそうに道行く人を見てて、なんか困ってんのかなぁって思ってたら「Excuse me」って声をかけられて

めっちゃネイティブな英語でうにゃうにゃ〜って言われたけどとりあえず「LEGOランド」に行きたくて道を聞いてきたって事は分かったので「LEGOランド...LEGOランド...」って呟きながらGoogle大先生に聞いたら、なんとさっきまで自分がいた建物内のどこかにあるらしく、確かに看板も見たような??ってその建物の外壁を見たら「LEGOランド」って看板があってあそこだーーー!!って思ったけど、この事をどう英語で言えばいいんだ??ってかなり困惑して聞いてきた外国の人もあわあわしだしちゃって

高校生の時英検3級受かってるから道案内くらい余裕だろって思ってた自分を打ち砕くように

必死こいて出た言葉が「ここを真っ直ぐで!!」

うん、伝わるわけない

向こうも言いたいことは分かってくれているんだろうけど、なかなか伝わらなくて

う〜んどうしようかなぁ...ってこんな時凛ちゃんに花丸ちゃん、高槻さんならどうするんだろうなぁとかふと思って

もし3人人なら場所がある程度分かってて、そこまでの道も分かるなら

 

「一緒に行って探す」って選択をすると思ったので、「かむひあー」って手招きしたら(一生言わないと思ってた)なんとか伝わったらしくて、自分の後を付いてきてくれてLEGOランドがある建物にたどり着いて

別れ際に「ありがとうございます」って親子から言われて温かいなぁ「楽しんでください」って合掌して見送ったんですよ。

たぶん伝わってないし最後の最後の締まりがクソださかった。

英検受かったから余裕って慢心(今日この日まで英語の勉強なんて卒業以来してない)はいけないなぁってのと「資格に受かったので大丈夫」じゃなくて資格とってもそれを継続するのが大切なんだなってのと

こんな選択が出来たのも凛ちゃんと花丸ちゃんに高槻さんがいたから出てきた選択肢で、自分の中に確かに3人が教えてくれたことがあって良かったなぁって思った一幕でした。

 

 

 

最近

日記

最近なんかよく分かんない事がある。

霊的な体験をした〜とか不思議な体験をした〜とかじゃなくて

自分の感情がよく分からん

 

未体験HORIZONのPVをフルで初めて見た時花丸ちゃんがセンターですっごく嬉しかった。でもそれ以上の何かを感じててこう''これってなんだ...?''って言葉でも感情にも出てこない何かがあってなんだろうなぁって

 

昨日JOKERを見た時もそうで

怖いなぁとか不気味とかグロいとかはあるし急にドーンってなってびっくりしたシーンもあるけど、なんかこう自分の中に何かがあるわけですよ。

それってなんなのかなぁって自分でも分からないから人に聞いて分かるものでは無いだろうけど

なんだか最近、不思議なものを感じるから

どうにかこうにかしてペーパーフラワーで表せたらいいなぁって

 

終わり

JOKER見てきた話

 

今日JOKER見てきた話です。

ネタバレがあるのでこれから見る人は見ない方が🙆🙆

なんかアウトプットしないとやばいなぁって見終わって思ったので書いてます。

「見た方がいい」って勧めるような記事じゃありませんし見てて思ったこと書いてるだけです。

 

なんで見ようと思ったか、惹かれたからそれくらいの理由で見に行きました。

バットマンの適役であるジョーカーがどうやって誕生したのか〜なんて経緯とか今話題だからとかじゃなくて

YouTube見てたらオススメに出てきて「ほぇ〜」って見てたらあぁなんか面白そうだなぁと思って

 

そんなこんなあって

いつもの親友と見に映画館へ「お前と隣はなんか嫌だ」って理由で離れた席を選択し、入場前にポップコーンを買うかで一悶着し、いざ。

 

始まりはコミカルで明るくてほぉぉんって見てたら、街の治安がクッッッッソ悪かった。

ガキが蹴りを入れまくって始まった。ストライキ僕もしたい。

ピエロになっていろいろして、家に帰って上着をかける。母親と話す。コメディショーを見る。下ネタはウケる。

普通に人が死ぬし、逃げている所が凄くリアルでこの時一緒に見に来たアイツグロいのダメだったよなって思ってチラ見したら引いてた。

仕事はクビになった。そりゃ小児病棟に拳銃持ってたらクビにもなる。

エレベーターで会った人とデートしたり

自分は実は大金持ちの人と母親の子供と知ったり。

クビになったはずなのに明るくなっていくのが不思議?というか今までにない感覚で

「タイムカードを打つ」って打刻機ぶっ壊して「''笑うな''」に書き換えてドアを開けると眩しいほど明るくて

果たして物語がダークなのかハッピーなのか不明

こう思ったのはデートも大金持ちの子供だったのも全部「嘘」だったから

 

母親を殺したのに、病室のシャッターから光が射し込む描写もまたダークなのかハッピーなのか

元同僚が家に来た時容赦なくいったのは何故か納得が出来た。やられずに行けたちっこい人もなんでやられなかったか納得ができた。

 

いつもの暗い階段が雨と太陽で綺麗だった。

ここに至るまで何人もやってるにも関わらずなんか、清々しいような黒さを感じて

 

ラストは自分を笑ったコメディショーに出演、容赦なく司会を撃つ

壊れている。というよりこれが普通だったのかもしれないってくらいなんかシックリ来るものがあってそれが不気味だった。

 

どれが「善」でどれが「悪」か自分で決める。と悪役と呼ばれる人に言われると迷うなぁって

でも、書いてる今でもJOKERの喜劇はどこまでが本当でどこからが嘘なのか考えるほど分からない

 

「この人生より高価な死を望む」これにドキリと来た。

 

 

終わり